私たちについて

Filtration Group にとっての世界は、お客様を中心に回っています

ドイツ、バーデン・ヴュルテンベルク州エーリンゲンに本拠を置く Filtration Group GmbH は、米国企業 Madison Industries の子会社 Filtration Group Corporation の一部です。ドイツ企業である当社は、産業用フィルター技術セクターに属し、かつては MAHLE Group の一員でした。Filtration Group GmbH は、エーリンゲンとハンブルクにあるドイツ拠点に加え、ルーマニア、中国、日本に工場を構えています。当社が世界で雇用する従業員は 700 名以上にのぼります。Filtration Group GmbH は、分離、流体濾過、空気浄化、プロセス濾過用の高性能で革新的な製品を、極めて多様なアプリケーション向けに提供することで、国際市場において揺るぎない地位を確立しています。

Filtration Group GmbH ファミリーの企業は、「お客様にひらめきを与える」という ひと つの明確な約束の下に結束しています。

FG-ueber-timeline

より安全で、より健康的で、より生産的な未来への準備ができています

私たちの製品は、私たちが世界を少し良くするのに役立ちます。効率的なろ過システムと分離ソリューションにより、環境をよりクリーンに保ち、企業が将来を見据えた競争力を維持できるよう支援します。私たちの強みと能力は、より安全で健康的で生産性の高い世界を目指すという私たちのモットーに忠実であり続けるために、国内外の競争の激しい市場にあります。

グローバルに高水準のお客様をサポート

FG-ueber-weltkarte

ろ過グループの概要

Filtration Group の概要

500年以上の集中経験

ろ過は、高度に専門化された企業の専門知識と経験を組み合わせて、この業界でユニークな専門知識の用語集を作成します。ドイツのろ過グループの個々の企業が膨大な量の革新的な製品を開発してきた年数を合計すると、半世紀から豊富な経験を得ることができます。

2016

2016

アメリカのフィルター専門企業 Filtration Group Coporation が MAHLE の産業用フィルター部門を自社のファミリー企業として統合。Madison Industries の子会社である Filtration Group は、世界 28 カ国に 100 を上回る拠点を展開中。

2006

2006年から2016年まで

MAHLE が Norddeutsche-Filter-Vertriebs GmbH (NVF) と AKO Filter GmbH を買収し、さらにこの 2 年後にオランダのアルクマールを拠点とする Amafilter Group も買収。2011 年以降、MAHLE はエーリンゲンにおいて、Filtersysteme GmbH と MAHLE Industriefiltration GmbH をグループ内の 2 つの独立した企業として経営。

2002

2002

MAHLE が日本の東京を拠点とする Tennex Group を、タイ、米国、英国、フィリピンの生産拠点とともに買収。Tennex (旧 土屋製作所)は、自動車業界向けの濾過システム製造を専門とする日本企業。

1999

1999

MAHLE が Purolator Öhringen を買収、ただしその広く知られたブランドによる濾過システムの生産継続が認められる。1999年にライセンス契約の期限が切れた後は、Öhringen のフィルターは Knecht と MAHLE のブランドのみで販売されることに。

1972

1972

エーリンゲンの Purolator 子会社がヨーロッパ市場全体の担当を任される。同年、MAHLE は Purolator 向けにフィルターを製造する企業 Knecht と合流。

1962

1962

米国企業 Purolator がエーリンゲンにはじめての海外子会社拠点を設立。1966 年以降、自動車用フィルターに加え産業用フィルターを生産してきた。